【写真あり】新しくできる登戸2号線!区画整理でおしゃれ商店街になる計画

知りたいママ

登戸駅北側が区画整理で生まれ変わるみたいだね!

かっか

おシャレな商店街ができるみたいで楽しみ♪
どんな感じか調べてみたよ。

登戸〜向ヶ丘遊園は2021年現在、様々な区画整理や再開発が進んでいます。

この記事では、登戸駅北側の登戸2号線を含む区画整理事業について調べたので報告しますね。

目次

登戸2号線とは?そもそも登戸ってどんなとこ?

登戸2号線とは、登戸駅北側にある登戸駅〜向ヶ丘遊園駅を結ぶ新しくできた道路です。

登戸駅付近って、これまでは下町の商店街な雰囲気だったのですが、駅舎がキレイになったのをきっかけに再開発が進みはじめました。

▼今現在の登戸駅周辺は、私目線でこんな感じの街。

  1. 昔ながらの商店街がまだ残るエリア
  2. 登戸2号線の区画整理に伴って、新築マンション建設ラッシュのエリア
  3. 南部沿線道路の一部である小杉菅線(市道)が通るエリア
  4. 多摩川に近い住宅街エリア

今回は特に新しく生まれ変わる②エリアの情報を紹介していきます。

登戸2号線は区画整理事業でどう変わる?

現在登戸では、「土地区画整理事業」によるまちづくりが、川崎市によって進められています。

その中で中心となるのが、新しく登戸〜向ヶ丘遊園を繋ぐ道路としてできる登戸2号線。

どんな風に変わるのでしょうか?

登戸2号線沿道まちづくりコンセプトブック

川崎市から登戸2号線のまちづくりコンセプトブックが出されています。

それによると、”イツモの日”と”ハレの日”で違う顔になる通りを目指しているようです!

”イツモの日”にはキッチンカーが定期的に出店するような取り組みもあるみたいです。

この日も登戸駅前にはキッチンカーが出ていました〜!

かっか

なんかクオリティ高くないすか?!

”ハレの日”という特別なイベントなどがある日は、歩行者天国になってより賑わいのある感じになるようです!

かっか

1階と2階がオープンな商店街になって、
楽しく散策できそうな通りになりそうですね!

2021年11月|登戸2号線、今はどんな感じ?

とっても楽しみな区画整理事業ですが、今はどんな感じなんでしょうか?!

ということで、2021年11月に登戸2号線付近を散歩してみました〜(矢印の順路で写真撮ってきました)。

新築マンション建設ラッシュ

踏み切り渡ってすぐのところに、三井不動産のパークホームズ登戸ステーションアヴェニューができるみたいです。

駅徒歩2分!線路脇ですが、多摩川からかなり近く、高層階だと多摩川花火がとっても良く見えそうなロケーションですね!

>>>Yahoo不動産で物件情報を見る

その向かいにも生和コーポレーションの建物が建っていました。

オープンハウスの営業さんもいて、登戸周辺でマンションや戸建て購入を考えている人は、一度足を運んでみてもいいかも。

まだ建築前の土地多し

まだまだ空き地が多いけど、あちこちに建設予定の看板が。

一気にこれだけの建設予定の看板を見ることもなかなかないですよね!

道路手前には、「登戸2号線がこうなるよ〜」っていう看板も立っていました。

OKストアや新築戸建てもあり

小田急線沿いには2021年6月に新しくOKストアができました

登戸駅周辺には大型のスーパーがなかったので、待望のOKストア!しかも安くてありがたい!(ブルーチーズのピザが特におすすめ!)

その近くの登戸2号線沿線には新築戸建てもあり、マンションだけじゃなくて新築戸建て用の土地も一部あるのかもしれないですね。

オーケー登戸店 情報
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2535-1
044-299-6360
営業時間(平日):08:30-21:30(当面の間 21:00閉店)
営業時間(土日祝日):08:30-21:30(当面の間 21:00閉店)
駐車場:20台 お買上げ 1,000円以上で 1時間無料

登戸駅〜向ヶ丘遊園駅は歩いて10分程度

登戸駅から向ヶ丘遊園駅まで、登戸2号線を歩いてみましたが10分ほどでとても近いです。

向ヶ丘遊園側には道路工事の看板も。

令和4年3月31日までの工事期間みたいです。

かっか

道路完成までもうすぐだ〜。

2022年も進捗更新します

引き続き2022年も、登戸2号線の写真を撮って更新していきますね!

登戸区画整理事業の概要

登戸区画整理事業の概要についてまとめました。

スクロールできます
施工者川崎市
施工面積約37.2ヘクタール
事業費約936億円(令和元年9月実施計画変更時)
事業施工期間昭和63年9月16日から令和8年3月31日
事業の目的・登戸地区は多摩区の中心市街地
・JR南武線や小田急線の乗り換えが可能
・現状は急速な市街化により公共施設の整備が追いついていない
・区画整理事業によって、川崎市北部の拠点地区の形成及び地域中心商業地区として商業、業務機能の強化を図るとともに、安全で快適な市街地を形成することを目的する

登戸駅から新宿駅までは小田急線快速急行で18分、川崎駅まではJR南武線で30分のとても交通の便が良い街です。

多摩川からもかなり近く、向ヶ丘遊園まで歩けば生田緑地や現在再開発中の向ヶ丘遊園跡地もあり、ファミリーにはとても住みやすい街です。

一方これまで駅周辺は昔ながらの商店が多い地域でもあったので、新しくできる登戸2号線沿線にさらに商店が増えることで賑やかな街になること間違いなし!

登戸駅東側には、市立多摩病院もあり整備によりかなり便利な街に生まれ変わる予感です。

かっか

ご近所在住の川崎市民としては、
登戸〜向ヶ丘遊園の再開発がとても楽しみなんです。

▼向ヶ丘遊園跡地の再開発についても紹介しています♪

まとめ|登戸2号線沿線の完成は令和8年!

登戸駅周辺の土地区画整理事業、2021年まさにスタートし始めた!といったところでしょうか。

まだまだこれから変化していく登戸を、都度写真で紹介していきますね。

かっか

お楽しみに♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小学生の年子をワンオペで育てる元リケジョママ&リスト魔。
休日の楽しみ方に悩むママに役立つ情報を、体験談とともに紹介します!
施設情報や持ち物チェックリストなど、パッと見のわかりやすさを追求するのが好き♪
リアルレビューが同じ悩みを持つママのお役に立てますように。

コメント

コメントする

目次
閉じる