キャンプ用品は高い!一式揃えていくらだった?【激安グッズレビュー】

レジャー|こどもと楽しむ

 

知りたいママちゃん
知りたいママちゃん

キャンプ用品って高いよね!一式揃えるとなると結構な出費…

安いのにしたいけど、使い心地はどうなのかな。

このような疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、初心者キャンパーの年子ママです。

かっか
かっか

我が家はこの夏、キャンプ用品一式揃えたよ!

家族4人分、なるべく安いものをチョイス♪

実際に買ったものと使ってみた感想を紹介します!

この記事では、こんなことをご紹介します。

  • 激安で揃えたキャンプ用品と値段
  • 実際に使ってみた感想&失敗談
  • 夏のキャンプ用品:最低限の持ち物リスト(ダウンロード用PDF付き)

この記事は、1泊2日の夏キャンプに最低限必要なものがいくらで買えるのかがわかる記事となっています!我が家の失敗談や感想も、初心者キャンパーさんには参考になると思いますよ♪



家族4人分のキャンプ用品を激安で一式揃えました!いくらかかった?

先にトータルの値段を言うと、キャンプ用品一式で¥67,418円かかりました!!

 

キャンプ用品一式揃えよう、と思った時の感想。「なんて必要なものが多いんだ!」。。

家族4人外で1泊するって結構大変なんですね。しかも快適さや便利さを求めればさらに荷物が増えるという…。

これじゃ我が家の車(営業車なのでセダンですw)に入りきらないよ!

ということで、必要以上の快適さや便利さはあきらめ、必要最低限1泊過ごせるだけの荷物を揃えることにしました。

 

キャンプ用品をこれから揃える人のために、最低限必要なグッズリストをまとめたので、プリントアウトしてチェックしてみてください♪(夏用です)

>>>プリントアウトはコチラから!【キャンプ持ち物リスト

 

キャンプ用品一式、実際の購入品。&使ってみた感想。

寝る&くつろぐに必要なもの一覧

品名 購入時の値段 メーカー/型番
テント ¥14,499 DOD T5-47-BK ブラック [ワンポールテントM]
グランドシート ¥5,199 グランドシート 防水 軽量420D コンパクト ヘキサゴン ワンポールテント用 325x370cm  (六角グレーXL)
タープ ¥8,790 DOD TT5-655-TN タン ビートルタープ
タープポール ¥1,180 x2 DOPPELGANGER XP-01K ブラック タープポール
ペグ ¥1,780 Sutekus タープ テントペグ 20cm 収納袋付き (16本セット)
ペグハンマー ¥1,490 ペグハンマー Lefon 安全ベルト付 シルバー
椅子 ¥2,980 Viaggio+ アウトドア チェア 椅子 折りたたみ 軽量 コンパクト(モカ)
ランタン ¥2,399
Beszing ledランタン 3色切替 無段階調光 5200mAhモバイルバッテリー内蔵 USB 充電式 マグネット式付き IPX5防水・防塵【連続点灯255時間】
マット(就寝時) ¥2,580 x2 サンドリー(SUNDRY) 折りたたみクッションマット ブルー(インディゴブルー) 86193
¥0 ※家にあったもの

 

テント

だいぶ迷いました…。上を見るとキリがない!

探した条件はこちらです。

  • 「5〜6人用」※家族4人ゆったり寝るため(300cmx300cmくらいのもの)
  • 設営が簡単なもの
  • 雨に強いもの
  • コンパクトに収納できるもの

設営が簡単なものは、ドーム型とワンポールテント。

初心者にはドーム型がオススメということでした。…が!!ファミリーサイズだとどうしても設営が大変そう…。今までも大人二人でなんとか建ててるイメージ。ポールも多くて迷っちゃう…。

ということで、ダントツ設営がカンタンと評判のワンポールテントにしてみました!


見た目もブラックでカッコいい、DOD♪

円錐形だから、天井はドーム型よりは狭いけど、寝る部分は広くて問題なし(大人2人と小学生2人)。

設営は、本当にカンタンでした!これはママひとりでもできます!!(断言。)

床部分を広げてペグ打ったら、テントの真ん中に1本のポールを立てたらほぼ完成。あとはフライシート(外側の黒いシート)の紐を引っ張ってピーンと張るようにすればOK。

引用|DOD

あとは雨にも十分な耐水性。収納時すっごいコンパクト!何より安い!!

と、本当に初心者にはぴったりの言うことなしのテントでした。

引用|DOD

 

特に雨に関しては、キャンプ初日にゲリラ豪雨に遭遇しましたが、最後までなんとか持ちこたえました…(水深10cmくらいでちょい浸水)!

▼雨の日キャンプの体験談は、こちらの記事も参考にしてください。

 

キャンプ場では、結構DODのテントの人多かったですね〜。タケノコテントやヤドカリテントの人もいました。大きくて羨ましかったぞ…。

他には、スノーピークやコールマンの2ルームが主流だったかな。前室もあって、天井が広くて快適そう。設営が難しくても慣れなのかもしれないですね。

▼最後まで迷ったsnow peakのアメニティドームと、Colemanのタフドーム3025+。タフドーム3025+は完全遮光で夏が快適そう!

キャンプ初心者を脱却したら、次は2ルームテントが欲しいな♪

 

タープ +タープポール

テントをDODにしたので、タープもDODにしたれい!とそれだけで決めました。

実は、テントよりもタープの方が設営が心配だったのですが…、これまた拍子抜けするくらいカンタンに建てることができました。多分、テントもタープもそれほど大きくなく、扱いやすかったのが良かったのかなーと思います。

タープにはポールが付いてなかったので、コンパクトタープポール(2本入り)を2個購入。全部をつなぎ合わせて長い2本のポールとして使いました。十分。

 

ペグ、ペグハンマー

DODのテントについてるペグが弱そうだったのと、タープにも4本しかついてなかったので追加購入。しっかりしてて良かったです。

20cmの長さがあれば、地面が雨でぬかるんでもなかなか抜けづらいことも証明されました。

 

椅子、ランタン、マット

自前でアウトドアチェア3つを持っていたので、1個だけ購入しました。

すっごいコンパクト!!収納が気になるならオール買い替えでもいいかもしれない…。

 

ランタンは、無調光調整ができるUSB充電のもの。夜はこれ1個で過ごしましたが、特に問題なし。

まぁでもあと1個くらいあってもいいかも〜。いざという時はスマホ充電もできるし、最近は色々便利になっていますねぇ。

 

寝るときに下に敷くマットは必須。面積が広いわりに激安だったので、こちらを購入。

ん〜でもこれはもう少しお金を出してもいいから、しっかりしたもの購入した方がいいですね…。ちょっと地面の硬さが気になって熟睡できませんでした。

 

▼インフレーターマットの方が、コンパクトだしいいかも…

 

食事の時に必要なもの一覧

品名 購入時の値段 メーカー/型番
テーブル ¥3,320 軽量!キャンプ アルミ 3つ折りテーブル 高さ 2段階調節
焚き火台 ¥2,880 CARBABY バーベキューコンロ 焚き火台  2-4人用 ステンレス鋼 サイズ:31CM*31CM*20CM
火箸 ¥555 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ 先の付かない トング
鉄板 ¥910 尾上製作所(ONOE) バーベキュープレート 2730 DP-2730
クーラーボックス ¥6,270 コールマン クーラー ホイールクーラー/60QT
保冷剤 ¥2,980 ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL・2個パック
ウォータージャグ ¥1,530 ハック 折り畳み式 ウォーター ジャグ 5.5L ブルー HAC1548
食器 ¥110 x13 セリア
カトラリー ¥110 x4 セリア
コップ ¥110×2 セリア
調理器具 ¥110 x3 セリア
飯ごう ¥1,466 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 林間兵式ハンゴー 4合炊きM-5545
食器洗いセット ¥0 ※家にあったもの
ザル、ボウル ¥110 セリア、※家にあったもの

テーブル

テーブルはもう、一番安いやつでいいや。とこれにしました。

結果、初回使用時が豪雨だったので、安くてよかった〜って感じです。

使い心地、全然普通。ハイにもローにもできるし、収納はコンパクトになるし、ガンガン使います。

 

▼でも本当は、これが欲しかったの…いつか買おう。

 

焚き火台

焚き火台もいいやつは高いので 、初心者らしく最安のにしました。

…でもこれは失敗だったーーーー!!!

網の調節台がなかったのです…!おかげで肉はあっという間に黒こげになるし、鉄板もガリガリになるし…泣

焚き火台でバーベキューする人は、網の高さを調節できる台がついたものを購入しましょう!

▼こっちね。

 

 

 

クーラーボックス、保冷剤

コールマンのホイールクーラー、とっても便利でした!

蓋にドリンクが置けてテーブル代わりになります。我が家はここにまな板をセットして、調理台として活用しました。安定してて良い。

56Lサイズはトランクの半分くらいを占める大きさですが…家族4人分の1泊の食材入れたら、まぁまぁいっぱいになりました。

これにロゴスの保冷剤を2個インして、翌朝までは全然ひえひえ。夜になると冷えが弱くなってきたので、1日半くらいの保冷ができる感じです。

 

▼うちは青を買いましたが、アマゾン限定の黒いいいな〜!

 

 


 

食器、調理器具類

これは全部セリアで揃えました!

アウトドア用の食器類が大充実しており(特設コーナーがあった)、しかもカワイイ♪

BBQプレートは、3分割+ドリンクホルダーで、風でよくコップが倒れちゃったりするので便利だ!と選びました。が!結局そこには焼肉のタレを入れて利用。深さがあるので、子供でもこぼしにくくてGOODでした〜。

 

その他必需品&あったら便利なもの

品名 購入時の値段 メーカー/型番
洗濯バサミ ¥0 ※家にあったもの
カラビナ ¥110 x2 セリア
蚊取り線香、虫除け ¥0 ※家にあったもの
薬(虫刺されの薬、痛み止め、バンソーコー) ¥0 ※家にあったもの
ゴミ袋 ¥0 ※家にあったもの
ラップ、ホイル、ストックバッグ ¥0 ※家にあったもの
調味料 ¥0 ※家にあったもの
調味料入れ ¥110 セリア
食材 〜¥5,000 ※メニューにより
雨具(カッパ、長靴、サンダル) ¥0 ※家にあったもの
着替え ¥0 ※家にあったもの
タオル ¥0 ※家にあったもの
洗面用品 ¥0 ※家にあったもの

洗濯バサミ

これは必須!

ゴミ袋を止めておくのも、テント入口を止めておくのにも大活躍です。

 

カラビナ

これもあると何かと便利。

今回タープの内側にランタンフックがなかったので、ロープを渡してカラビナを引っ掛けてランタンを吊るしました。

セリアで見つけたこのカラビナも便利だった。ランタンをテーブルにくくりつけたりして使いました。

 

キャンプ用品一式揃えたみた&グッズレビューまとめ

  • 家族4人1泊2日のキャンプに必要最低限なグッズを揃えた結果、合計¥67,418でした!
  • 安くてコンパクトなグッズを中心に購入。ほとんどは問題なく使用可能。

ありがたいことに最近ではキャンプ用品も安いものがたくさんあり、今回はキャンプグッズの大部分を揃えたにもかかわらず、7万円で収まりました。

テント・タープあたりのスペックで値段が跳ね上がるので、

  • キャンプにどのくらい行くか
  • テント内の快適さをどのくらい求めるか
  • 予算

あたりで、購入するテントを決めてもいいのかもしれません。

我が家は、今年の夏秋はこのグッズでキャンプを楽しんでみて、キャンプ道をさらに追求したくなったらグレードアップしていこうかな♪と思います。

 

キャンプ用品リストもぜひ活用してみてくださいね〜

記事が参考になれば嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました