エプソンのエコタンクプリンターEW-M752Tの評判は?【macエラー→解決済】

節約・おトク情報
知りたいママちゃん
知りたいママちゃん

エプソンのエコタンクプリンターが気になる!

インク代が安いって本当?

使い心地、印刷の速さ、音のうるささ、見た目、サイズ感、セットアップ、についても知りたい!

こんな疑問にお答えします。

 

かっか
かっか

ついに!エプソンのエコタンクプリンター「EW-M752T」を購入しました!

つい先日、我が家のプリンターが動かなくなってしまったのです…。

というか、純正ではないインクを使っていたら、インク替えた直後なのに「インクがなくなりました」と言われるエラー頻発。

修理に出すためには、純正インクを購入してエラーの有無を確認せねばならぬ…しかしそのためにインク代6000円が飛んでいくのは無理!!!!

調べてみたら旧プリンターEPSON EP-901Aは2008年モデル(汗)。12年モノ…

ってことで買い替え決定しました。

 

新しいプリンターは、とにかくランニングコストが安いものにすることに決めました。追加インク代に3000円以上は出さない!

最近いろんなメーカーで、大容量インクタイプのプリンターを推していますね。確かにカートリッジ式インクよりもコストが断然に安い。その中で、ランニングコストが安く、他の機能もバランスの良いエプソンのEW-M752Tを今回購入しました。

 

 

この記事では、エプソンのEW-M752Tを使ってみて実際どうだったのか、メリット&デメリットについて報告します。

10年モノは買い替えを!エプソンEW-M752Tは追加インク代、使いやすさでストレスフリー


結論として、エプソンEW-M752Tは今までのプリンターと比較してストレスフリーすぎます!

まず、追加インク代が安い。印刷スピードが早い。静か。見た目がかわいくてコンパクト。
これが第一印象です。

機能について 良いところ・悪いところ

良いところ

✔︎ 追加インク代が安い

EW-M752Tには5色インクセットが同梱されていますが、今回一緒に純正の5色パックインクを購入しました。

そのお値段…¥2999!安い!!

これでA4カラーを約1000ページ印刷できるとのこと。
結局印刷単価が安くても、追加インクを買うときに高いと満足度が低下する気がします。なのでこの値段設定はありがたすぎます。
バシバシ印刷して、インクがなくなっても3000円未満で買えるという安心感すごい。

 

✔︎ 印刷物ができるまでが早い

今までのプリンターは、とにかくプリントするまでに時間がかかっていました。ウイーンウイーンってセットアップしているのか何なのか…。

EW-M752Tはその時間が比較的短く、プリント実行してから印刷物ができてくるまでが早めです。測定してみたところ、A4カラー1枚で33秒でした。これって、実際にプリントしてみないとなかなかわからないので…、買い替えを検討している人は自分のプリンターの速さと比較して参考にしてください。

 

✔︎ 印刷音が静か

音も静かです。
というか、昼間リビングで使っている分には全く問題なし。夜もそんなに気にならないです。
それでも音が気になる人は、「静音モード」が付いているのでONにしてください。印刷スピードは静音になる分遅くなるようです。

 

✔︎ 見た目がかわいい

見た目は、丸っこくてかわいい。女性が好きそうな形です。でもうちの旦那が「かわいい」と言ってたので、男性にも好評なのかも?!
サイズは前のプリンターとそれほど変わらないかと思いきや、ひとまわり小さくなりました。ひとまわり小さいと、デスクまわりのスッキリさが結構違います。

 

✔︎ タッチパネル

タッチパネルで操作できるのが直感的でいいです。前に使っていたモデルもタッチパネルだったので、ボタン操作に変えてしまうと使いづらさを感じるかも。

 

✔︎ インク補充とセットアップ

セットアップは非常に簡単でした!全て動画で説明してくれます。その通りにやっていけばいいだけ。設置から始まり、インク補充、印刷調整、WiFi設定までで30分くらいです。

インクは5色セットが同梱されています。それぞれの色の場所に注入するのですが、正しい色を注入できるように口がそれぞれ違った形をしています。違う色のインクは注入口に刺さらないようになっているから安心。インクが垂れることもなく、無事注入できました。

WiFi設定は1回ではうまくいかなかったのですが、AOSSボタンを押す方法で成功しました。

悪いところ

✔︎ 排紙トレイが自動で出てこない

これは結構デメリットとする人が多そうです…。

印刷かけたら、手動で排紙トレイを引き出さないといけません。つまり、スマホからAirPrintする場合でも一回プリンターまで行かなくちゃいけないということ。

解決策は排紙トレイを出しっぱなしにしておくこと。でも見た目がスマートじゃなくなるし、ホコリも入ります。私は主にパソコンからの印刷で、プリンターはパソコン横に設置しているのでそれほど大きな問題ではないのですが、遠隔で使う人は要注意です。

 

✔︎ 背面給紙だと印刷時間が遅くなる

“良いところ”で印刷スピードが早いとお伝えしましたが、それは全面給紙トレイからのお話でした。EW-M752Tは背面給紙もあるのですが(1枚ずつ)、ここからの印刷はやや遅い。55秒かかりました。
また、用紙が入っているのに、「セットしてください」と1回言われ、タッチパネルでOKを選ぶ必要があります。

エプソンの最近のプリンターはこのように、用紙の種類が違ったりすると1回設定仕直しが必要みたいです。用紙をよく変えて使用する人は、デメリットになると思われます。

 

macで自動両面印刷ができない → 解決しました

順調にいってたセットアップですが、ためしに自動両面印刷してみたところで問題発生。

自動両面印刷モードが出てこない!

どの設定を見ても両面印刷の文字が出てこない…

 

我が家はmacなので、インターネット経由からドライバをダウンロードしました。なので、ドライバが最新ではないという問題でもなさそう。

印刷設定画面ではなく、環境設定→ドライバで両面印刷の項目がONになってないのでは?と確認するも、そもそも環境設定にも両面印刷の文字は出てこない。

つまりお手上げ…

で、エプソンのサポートセンターに電話しました。

一つずつ試してくれて、どうやらアプリによって両面印刷設定が出る時と出ない時があることが判明(メモは出るけど、エクセルは出ないとか)。

で、実はmacにはAirPrintというプリンタードライバみたいなものが標準装備されていて、エプソンのプリンタードライバをダウンロードしなくても、こちらで接続すれば良いんだそう。

AirPrintドライバーの追加方法をサポートセンターの方に教えてもらいました。そして無事!自動両面印刷ができたー!

もし、macでエラーが発生する場合は、AirPrintを追加してみてください。それでもダメならエプソンのサポートに電話!すごく丁寧に教えていただいて、初心者にはかなり心強いです。

macでAirPrint追加方法

1. 左上のAppleマークから、システム環境設定を開く

1.システム環境設定

2. プリンタとスキャナを開く

2.プリンタとスキャナ

3. 左下のプリンタ追加ボタンを押す

3.プリンタの追加(+)

4. 名前はデフォルトでOK、場所は空欄でOK、ドライバでAirPrintを選ぶ

4.AirPrintを選択

5. プリントするときにAirPrint設定した名前のプリンタを選択すると、自動両面印刷ができるようになりました!

 

エプソンエコタンクモデルのランニングコストはどのくらい安いのか?カートリッジ式との比較

エプソンのエコタンクモデルプリンターは、現在4機種あります(EW-M770T、EW-M630T、EW-M752T、EW-M552T)。この4機種と、エプソンのカートリッジ式プリンターで最も印刷コストの安いEP-882Aのランニングコストを比較してみました。

機種 インク代1パック インク1パックあたりの印刷枚数(使い切りサイズ) 1年間に5000枚プリントするときのコスト 1年間に1000枚プリントするときのコスト
EP-882A(カートリッジ) ¥6,980 約580枚 ¥60,172 ¥12,034
EW-M770T(エコタンク) ¥7,200 約5,000枚 ¥7,200 ¥1,440
EW-M630T(エコタンク) ¥5,600 約6,000枚 ¥4,667 ¥933
EW-M752T(エコタンク) ¥3,000 約1,000枚 ¥15,000 ¥3,000
EW-M552T(エコタンク) ¥2,400 約600枚 ¥20,000 ¥4,000

エコタンク、ダントツにランニングコスト安いですよね!

ていうか、カートリッジ式プリンターで大量プリントすると、もはやインク代貧乏になります。。我が家は年間1000枚プリント程度です。今回購入したEW-M752Tはそれくらいであれば年間ランニングコストは3000円。これなら安心!

エコタンク上位モデルであるEW-M770TとEW-M630Tは、ランニングコストが驚異的な安さですが、EW-M770Tは本体価格が高く、EW-M630Tは印刷スピードが遅いというデメリットがあります。

自分がどんな使い方をするのか考え、優先順位をつけてプリンターを選んでみてください。

 

▼ランニングコスト重視でプリンターセレクトしてみました。エプソン/キャノン/ブラザー比較

 

エプソンEW-M752Tまとめ

✔︎ エプソンのエコタンクプリンターEW-M752Tは、ランニングコストが安く、その他機能(印刷スピード、大きさ、使い方など)もバランス良いプリンターです
✔︎ macで自動両面印刷できない時は、AirPrintドライバーでやってみるべし

EW-M752T購入に向いている人

  • 家庭用プリンターで年間の印刷枚数が1000枚程度
  • 追加インク代をとにかく抑えたい
  • 見た目カワイイ&すっきりを希望している
  • 遠隔でプリンター操作をする機会が少ない
  • 用紙切り替えを頻繁に行わない
  • 本体価格が30000円台で探している

 

10年以上ぶりに買い替えたプリンターの使い心地は、…天国でした。古いプリンターを使っている人は買い替えでストレスフリーになれます。

比較的新しいプリンターからの買い替えの場合はスペック的にそれほどUPしているわけではないので、満足度が低いかもしれないです。ただし、エコタンクの印刷コストは本当に安い!カートリッジ式を使っているなら、是非検討してみてください!

 

エプソンのエコタンクプリンターEW-M752Tのレビューが参考になれば嬉しいです。

 

かっか

小学生の年子をワンオペで育てる元リケジョママ&リスト魔。
休日の楽しみ方に悩むママに役立つ情報を、体験談とともに紹介します!
施設情報や持ち物チェックリストなど、パッと見のわかりやすさを追求するのが好き♪
リアルレビューが同じ悩みを持つママのお役に立てますように。

かっかをフォローする
節約・おトク情報
かっかをフォローする
こんどのおやすみ、なにしよっか?
タイトルとURLをコピーしました